鷲尾飛鳥

10月 « 2017年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 12月

登場人物紹介

2012年 03月25日 11:47 (日)

登場人物紹介

紅林美紀子(スカーレットエンジェル)
 第1話~24話(全ストーリー)

紅林美紀子
 身長160cm 体重47kg  B84 W59 H86
 生年月日等は不明だが、容姿から16~17歳と推定される

 本編の主人公。宇宙犯罪者クイーンリリーを追って、地球に来た宇宙少女戦士スカーレットエンジェルの地球での名前。クイーンリリーが地球で作り出した悪の秘密結社(第13話からブラックリリー)と戦う。
地球で知り合った私立探偵紅林源太郎の養女になり、紅林の姓と、源太郎の死別した妻の名を貰った。普段は聖陵学園高校の二年生として高校生活を送っている。
催眠、テレパスなど、地球人には無い能力を持っていて、さらに戦士であることから格闘技にも精通している。

 紅林麻紀子(ヴァイオレットエンジェル )
 第13話~15話 19~20話 22~24話
紅林真紀子

 身長160cm 体重47kg  B84 W59 H86 (美紀子とほぼ同じ)
 宇宙人なので、生年月日等は不明

 美紀子の双子の姉で一卵性双生児。宇宙船で美紀子を追って地球にやってきた。美紀子同様、源太郎の養女になるが、美紀子が通っている学校へは入らず、天間村のペンションで働きながら地元の高校に通うための、編入試験の勉強中。美紀子とはお互いテレパスで交信することが出来る。クイーンリリーとの最後の戦いで、ミラクルチャージアップのエネルギー逆流の影響で、変身能力とエンジェルパワーを失い、美紀子と共に地球人として生活することを決意する。顔も体形も背格好も美紀子と同じだが、肌の色と、顎にある黒子で見分けられる。後に赤嶺誠一と結婚する。

 紅林源太郎
 第2話~7話 9~20話 22~24話
紅林源太郎
 身長182cm 体重78kg
 12月10日生・射手座 血液型B型  38歳

 S県の鷲尾平市に事務所兼自宅を構える私立探偵で、元警察官。帝大卒のエリートで、卒業後にキャリア警察官となってすぐに結婚したが、1年足らずで妻を事故で失い、失意のあまり警察を辞めてアメリカへ渡った経歴がある。仕事でN県の天間村に行った時に美紀子と知り合い、美紀子がスカーレットエンジェルであることを知った。スカーレットエンジェルの最大の理解者であり、美紀子を自分の養女にして、鷲尾平にある自分の事務所兼自宅で共に暮らすことを勧め、さらに共にクイーンリリーと戦い、サポートすることを約束した。
 柔道五段・空手二段の他、格闘戦に精通し、銃の扱いもプロ級で、後になって本職がインターポールの特命捜査官であることが分かった。秘密結社対策のプロジェクトチームに選ばれ、日本を離れる時に自分の持っていた事務所を美紀子に託した。

 松島詩織  第2話~24話
松島詩織
 身長152cm 体重42kg  B80 W57 H83
 2月24日生 魚座 血液型A型  

 聖陵学園高校の2年生で、美紀子のクラスメート(第7話から)。積極的で活発な性格。源太郎の姪(源太郎の妹の娘)で誠人・結花の従姉にあたる。源太郎の事務所によく出入していて、美紀子が来るまでは詩織がアルバイトで時々助手をしていた。
 源太郎が仕事で天間村に来た時同行していて、その時に美紀子と出会った。クイーンリリーが作り出した怪人に源太郎と共に襲われた時、スカーレットエンジェルに助けられ、美紀子がスカーレットエンジェルであることと、美紀子の使命を知った。源太郎同様、美紀子の理解者で、美紀子を親友として信頼し、共に行動するようになる。
 空手初段・合気道二段で、源太郎仕込みの格闘術も身に着けている。

 古川誠人  第3話~7話 9~17話 21~24話
古川誠人

 身長145cm 体重36kg
 5月5日生 牡牛座 血液型O型  11歳

 紅林探偵事務所に出入している近所の小学五年生で、源太郎の甥(源太郎の姉の子)。好奇心旺盛で、色々な事にすぐに首を突っ込みたがる。そのため、ブラックリリーの怪人や戦闘員に追いまわされたり、捕まって人質にされたりすることもしばしばあって、その度にスカーレットエンジェルに助けられている。スカーレットエンジェルが美紀子であることを知ってからは、子供なりの考えで美紀子をサポートするようになる。
 将来は源太郎のような探偵になることを夢見ている。源太郎と詩織から格闘術を教わっていて、小学生ながら空手初段の腕前。学校では番長のような存在であり、一見腕白坊主のイメージもあるが、学校での成績はトップで、学力は全国レベル。

古川結花  第3話~7話 9話 11~17話 22~24話
古川結花

 身長154cm 体重43kg B75 W56 H78
 10月28日生 蠍座 血液型AB型  

 誠人の姉で、源太郎の姪。向こう見ずで危なっかしい弟の行動にいつも振りまわされている中学二年生。そのためブラックリリーの事件によく巻き込まれ、スカーレットエンジェルに助けられているのだが、なぜかブラックリリーの存在を信じていない。学校ではテニス部に所属し、美紀子に時々テニスの練習相手になってもらっていて、美紀子を姉のように慕っている。第14話で美紀子がスカーレットエンジェルであることを知った。

 白石祥子  第3話 7~11話 13話 18話 22~24話
白石祥子
 身長153cm 体重41kg B82 W58 H83
 4月8日生 牡羊座 血液型B型  

 聖陵学園高校の新任英語教師で、テニス部の顧問。美紀子と詩織のクラス担任でもある。代々教師を輩出している家柄で、両親も教師。
 美紀子の行動に不審を抱いて、或る時美紀子の行動を探り、ブラックリリーの事件に巻き込まれたところを美紀子に助けられる。その時に美紀子がスカーレットエンジェルであることを知り、それ以降は美紀子の理解者になり、美紀子のサポートをするようになった。
 青木大輔という婚約者がいて、近々結婚する予定(?)である。

 瀬峰久美子 第5話~7話 9話 12~16話 21~24話
瀬峰久美子

 身長146cm 体重32kg
 2月10日生 水瓶座 血液型A型  

 誠人の幼馴染でガールフレンドでもあり、誠人とは幼稚園時代から付き合い続けている。誠人のクラスメートで、クラス委員長をやっており、誠人からはいつも委員長と呼ばれている。向こう見ずで危なっかしい誠人に比べ、小学生にしては大人びていて、ちょっとの事では動じないくらい落ち着き払った性格の持ち主。おっとりしていて、誠人にはもったいないくらいの子。成績は上位で。いつも誠人とトップ争いをしている。

 鹿妻明美 第3話 7~11話 13話 16~18話 21~24話
鹿妻明美
 身長154cm 体重44kg B80 W58 H83
9月3日生 乙女座 血液型A型

 聖陵学園高校二年生で、テニス部員。矢本美加を含む3年生の引退後、美加の後を継いでテニス部の主将になる。合宿の時に美紀子と知り合い、美紀子が聖陵学園に編入してきたとき、美紀子をテニス部に勧誘したが断られたため、美紀子に試合を申し込むが、美紀子の事情を知って勝負を降りる。マンティスリーの事件に巻き込まれ、美紀子に助けられた時、美紀子がスカーレットエンジェルであることを知り、美紀子と親友の誓いをたてた。

ペンション赤嶺の人たち

 赤嶺誠司  第1話~4話 19~20話 23~24話
 身長176cm 体重67kg
 12月9日生 射手座 血液型B型  39歳

 N県天間村にある『ペンション赤嶺』のオーナー。紅林源太郎とは中学高校を通じて先輩後輩の関係である。大の旅行好きで、大学時代はアルバイトをしながら、大学で知り合った和枝を連れて日本中を回り、卒業後すぐ結婚(和枝は一人娘で、誠司は婿養子である)。妻の故郷であるN県の天間村にペンションを建てた。結婚後も暇さえあれば、あちこちを旅行していたが、誠一が生まれてからはペンション経営に専念する。




 赤嶺和枝  第1話~4話 13~14話 19~20話 23~24話
 身長158cm 体重49kg
 7月1日生 蟹座 血液型A型

 誠司の妻。天間村生まれの天間村育ちで、大学進学時に初めて天間村を離れた。夫の誠司同様旅行が好きで、大学時代に誠司に連れられ、日本中を回った。誠司にプロポーズされたとき、和枝は一人娘であったため、両親が嫁に行くことに反対したので、誠司を婿として迎えた。結婚後1年目で誠一を出産。子育てをしながらペンションを夫と二人三脚で切盛りしてきた。


 赤嶺誠一  第1話~4話 13~14話 19~20話 22~24話
 身長180cm 体重75kg
 7月5日生 蟹座 血液型AB型  17歳

 ぺンション赤嶺のオーナーである、誠司・和枝夫妻の一人息子で、N県立大滝高校の二年生。学校帰りに谷底で倒れているスカーレットエンジェルを偶然見つけて助け出し、自分の家であるペンションに連れてきて、両親と一緒に介抱した。スカーレットエンジェルである美紀子が、自分の理想のタイプであったが、告白することが出来なかった。しかし、後になって双子の姉であるヴァイオレットエンジェルの麻紀子と会った時、麻紀子には思いきって告白し、相思相愛の関係になった。

 スペシャルゲスト

 春日萌(モエ) 第15~17話
 身長159cm 体重42kg B88 W59 H89
 生年月日不明 血液型A型

 城北大学の二年生。生まれたばかりの頃に宇宙海賊に家族共々さらわれ、海賊船の爆発で両親は死亡。萌だけが宇宙連邦警察の刑事によって救い出され、その刑事の養子になった。その後、宇宙連邦警察の巡査になったが、辞職して地球に帰ってきて、現在に至る。
その後、紅林源太郎の調査によって地球での戸籍が見つかり、母方の親戚に引き取られたが、大学進学と同時に一人立ちした。秋本結という相思相愛の恋人がいる。

 秋本結   第15~17話
 身長183cm 体重75kg
 9月10日生 乙女座 血液型AB型  20歳

 城北大学の二年生。高校時代に、ドリーン・エフェという星間犯罪者によって女性にされ、奴隷にされかけたところを萌に助けられた。監視兼介護役の萌と一緒に高校生活を送り、約1年間女性として過ごし、数奇な運命をたどるが、その後宇宙連邦警察によって、元の男性に戻る事が出来た。萌とは相思相愛の関係で、高校卒業後は二人で城北大学に進学し、現在は鷲尾平市内のアパートで、萌と同棲生活をしている。童顔で女性のような顔立ちをしているため、よく女の子と間違えられるが、男性に戻ってから急に背が伸びて、男前の顔立ちになってきた。

 秋本結と春日萌の二人は、十郎太氏の執筆したノベル『Lust for Life』のキャラクターで、自分が十郎太氏の承諾を得て、本編に共演者として登場させている。


その他の登場人物

○新田順一郎(第1話)
 東京の某大学で天文学の教授をやっている。N県の天間村に落下した流星の調査のため、落下地点に来たところを、クイーンリリーと遭遇。クイーンリリーのリリー球根で怪人バットリーにされた。

○蛇田剛三(第2話)
 連続殺人、及び強盗・傷害で指名手配されていた凶悪犯。川上町のキャンプ場にあるバンガローに潜伏していたところを、付近の人の通報で逮捕され、護送中にクイーンリリーの戦闘員によって拉致され、怪人スネークリーに改造された。

○矢本美加(第3話 21~22話)
 聖陵学園高校三年生で、テニス部の主将(登場時)。大会出場前の強化合宿で天間村のペンションに来た時に、美紀子と知り合った。

○和渕圭子(第3話 7~11話 16~18話 21~22話 24話)
 聖陵学園高校二年生。テニス部員で明美の友達。3年生が引退したあと、副主将になる。美紀子、詩織と同じクラス。

○稲井隆子(第3話 21~22話)
 聖陵学園高校三年生で、テニス部員。クイーンリリーの作戦を偶然見てしまったため、美佐子とともに怪人スパイダーリーに捕えられてしまう。

○横橋美佐子(第3話 21~22話)
 聖陵学園高校三年生で、テニス部員。怪人スパイダーリーに捕えられてしまう。

○亘理早紀(第6話 19~21話 23~24話)
 インターポールの特命捜査官で、源太郎の元部下。小湊海岸周辺で起きていた謎の漁船爆発事件を調査中に美紀子と出会う。数種類の格闘技に精通し、警察の特殊組織にいたことがある。アメリカで私立探偵のライセンスを取得し、弁護士の資格も持っていて、普段は東京の世田谷で探偵事務所兼法律事務所を構えている。外国へ行った源太郎を追って、後に源太郎と結婚する。

○田尻智寛(第6話)
 東京在住のフリーターで、自称サーファー。小湊海岸で美紀子を見つけてナンパするが、美紀子に断られる。友人二人と小湊に遊びに来ていた。

○古川恵美(第6話 9話)
 誠人と結花の母親で、源太郎の姉。結花同様、誠人の向こう見ずな性格にいつも悩まされていて、何かあるたびに源太郎の事務所に抗議しに行っている。が、美紀子が誠人の保護者代りになってくれているので、一応は安心している。

○池月麻衣(第7話 17話 22話)
 結花のクラスメートで、テニス部のチームメートでもある。結花とは小学校から一緒。

○名取憲次郎(第8話 12話 17話)
 東京にある城北大学の教授で、人間工学と生体医学の二つの博士号を持っている。45歳。その研究は人間の頭脳や体力を、特殊な機械を使うことにより向上させるもので、脳や筋肉の働きを活性化させ、学力や運動能力を飛躍させるというものである。裕美という一人娘がいる。

○名取裕美(第8話 11話)
 憲次郎の娘で、鷲尾平にある桜陽女学院高校の一年生でテニス部員。父の研究をめぐって事件に巻き込まれるが、美紀子と詩織に助けられる。

○大河原朋子(第8話 10~11話 16~18話 22話)
 聖陵学園高校二年生で、新聞部の部長。生徒会の役員もやっていて、積極的な性格の持ち主。好奇心が強く、色々な事に首を突っ込みたがるタイプで、その性格が仇となり、ブラックリリーの怪人に時々狙われる。和渕圭子と同じ中学の出身で、中学時代はテニスをやっていた。

○山下玲子(第8話~10話)
 聖陵学園高校一年生で、テニス部員。新人戦のレギュラー候補に選ばれている。

○富沢達也(第9話)
 鷲尾平市立坂崎中学校の二年生で、応援部員。結花と同じクラス。

○坂元千尋(第9話~10話 18話)
 聖陵学園高校の養護教師で、聖陵学園の卒業生。

○岩切和子・北山奈々(第10話)
 二人とも聖陵学園高校2年生で、テニス部員。和子はA組で、奈々はD組

○館腰理恵(第10話)
 聖陵学園高校バトン部員でキャプテンをしている。美紀子と同じ2年B組。体育祭の時、クラスの有志でチアリーダーをやることに決めた時、部活で使用していた古いユニホームを、衣装として提供してくれた。

○小牛田淳子(第10話)
 聖陵学園高校一年生で、テニス部員。結花が在学中の坂崎中学出身で、結花の先輩でもある。

○青木大輔(第12話~13話 17話)
 城北大学理工学部の研究生で、名取憲次郎博士は彼の上司。白石祥子の婚約者で、知り合ったきっかけは名取教授が斡旋したお見合い。

○鹿又昌克(第12話)
 帝都大学理工学部の教授で、原子物理学の権威。城北大学の名取憲次郎教授の恩師で、原子物理学、人間工学、生体改造工学の三つの博士号を持つ。鹿又博士自らが研究している超エネルギーシステム『MAK‐X(マック‐エックス)』は、地球上の全ての物質をエネルギーに変換する事が出来、将来の世界における人類のための新エネルギーとして注目されている。しかし、クイーンリリーが鹿又博士の研究に目をつけ、MAK‐Xを世界征服のための兵器として使おうとしたため、誘拐事件に巻き込まれたが、危ういところをスカーレットエンジェルに助けられた。
 
○白沢陽介(第12話)
 帝都工業大学の教授で、人間工学の研究をしている。クイーンリリーが作成した科学者誘拐リストに載っている人物の一人で、一番始めに誘拐された。ブラックリリー結成後、組織の科学者としてクイーンリリーにこき使われていたが、スカーレットエンジェルに助けられる。

○角田秀明(第12話)
 東南大学付属病院の外科部長で、医学博士。一流の外科医で、生体医学の研究をしている。クイーンリリーが作成した科学者誘拐リストに載っている人物の一人。

○大塚杏子(第12話)
 鹿又原子物理学研究所の職員で、鹿又教授の助手。幼い一人息子をイノシシリーにさらわれて人質にされ、鹿又教授の研究内容を探ることと、データを奪うことを強要されていた。

○湯島冴子(第16話)
 坂崎小学校の教師。他の教師がサムライリーによって洗脳された時、自分だけは研修で大阪に出張していたために無事だった。

○松島晴美(第16話)
 詩織の母親で、源太郎の妹。

○栗原志保(第17話)
 坂崎中学校女子テニス部のキャプテンで、結花のクラスメートでもある。

○若柳謙三(第19話 20話)
 東都大学の教授で地質学者と地震学者の肩書きを持つ。群発地震を調べるために天間村にきた時、ブラックリリーに襲われたところを、ヴァイオレットエンジェルに助けられた。

○槻木浩美(第23話~24話)
 天間村の宮という地域に住んでいる高校生で、誠一のクラスメート。ブラックリリーの大攻勢により、家族と村人達を誘拐され、事件に巻き込まれた。





スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント