鷲尾飛鳥

10月 « 2017年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 12月

美少女戦隊『エンジェルス』解説

2012年 04月15日 15:31 (日)


コスチュームデザイン 前期型
P-02.png



 美少女戦隊『エンジェルス』とは、世界征服を狙う悪の秘密結社『ネオ-ブラックリリー』と戦うために結成された正義の戦士で、宇宙の平和を守る正義のエージェント『スカーレットエンジェル』が、自分の代わりにブラックリリーと戦う戦士として選んだ3人の少女達、赤城絵里香・清水聖奈子・城野美由紀が変身した姿である。
P-03.png


 エンジェル戦士への変身
 エンジェル戦士への変身は、独特の変身ポーズとキーワードによって行う。まず両手を下げ、足を少し開いた状態から、両手を胸にあてて「エンジェルチャージ」というキーワードを唱える。
すると、胸にリボンのついたブローチがあらわれて、ブローチが光を放つ。光はブローチを中心として高速で回転し、やがて身体全体が光に包まれて、全身が光の粒子に変わり、その周囲を光の輪が上から下へ移動しながら、光の粒子となった身体が強い光を発し、コスチュームに包まれた戦士の姿に変わる。

P-04.png

 逆に、変身を解く場合は、胸のブローチに両手をあてて、「チャージアウト」というキーワードを唱える。するとブローチが光を放ち、光が消えるとともにもとの姿に戻る。
 ストーリー途中から変身ポーズとキーワード無しでも、緊急時には自動的に変身できるようになった。


 炎の戦士 エンジェルレッド

 赤城絵里香が戦士に変身した姿。絵里香自身が剣道二段・合気道初段の腕前で、格闘術にも優れ、三人の戦士の中では最も戦闘力が高い。
GR-03.png

 武器・必殺技

 エンジェルブレード

 エンジェルレッドの携帯武器。普段はミクロ粒子の状態でブローチの中に入っていて、胸のリボン中央にあるブローチに触れることにより、取り出して実体化する。剣として使う他、トルネードなどの必殺兵器を使用する際に用いられる。刃の部分を胸のブローチにあてると、ブローチが光ってブレードにエネルギーが蓄積され、ブレード全体が光って、全ての武器を使えるようになる。

 ファイヤースマッシュ

 両手を胸のブローチにあてがい、エネルギーを溜めてボール状のエネルギー波を形成し、腕を目標に向けて伸ばしてエネルギー波を飛ばす。ブレードを使用した場合は、2倍の威力を持つ。

 ファイヤーストーム

 エネルギーの蓄積されたブレードを直接相手の体に突き刺し、相手の体内に強力なエネルギー波を送り込むことによって、敵を粉砕する。

 ファイヤートルネード

 ブレードを上段に構えて攻撃態勢をとり、キーワードを叫びながら刃先を目標に向ける。すると炎の塊が渦を巻きながら蛇のように目標へ向かってのびていき、目標を包み込んで粉砕する。


 水の戦士 エンジェルブルー

 清水聖奈子が変身した姿。水泳と陸上でならした脚力を生かし、ハイジャンプやキックなどの脚を使った技が得意。空中からの回転キックはエンジェルキックといって非常に強力な武器だ。

GR-05.png

 武器・必殺技
 エンジェルソード&エンジェルシールド
 エンジェルブルーの携帯武器。普段はミクロ粒子の状態でブローチの中に入っていて、胸のリボン中央にあるブローチに触れることにより、取り出して実体化する。ソードは剣として使う他、必殺兵器を使用する際に用いる。刃の部分を胸のブローチにあてると、ブローチが光ってブレードにエネルギーが蓄積され、ブレード全体が光って、全ての武器を使えるようになる。シールドは盾で、敵の攻撃のほぼ全てを弾き返すことが出来、フリスビーのように投げる武器として使用することも出来る。

 アクアスマッシュ
 
 エンジェルレッドの武器が炎に関係あるように、水の戦士エンジェルブルーの武器は水に関係がある。スマッシュによる攻撃方法は他の戦士同様、両手を胸のブローチにあてがってエネルギーを溜め、ボール状のエネルギー波を形成して、攻撃目標目がけて腕を伸ばして放つ。エネルギーの量を加減した連射攻撃も可能。

 アクアストーム

 ソードの刃を胸のブローチにあてがって、ソードにエネルギーを蓄積し、直接相手の体に突き刺し、相手の体内に強力なエネルギー波を送り込むことによって、相手を粉砕する。突き刺された相手は氷漬けになって粉々に砕け散る。

 アクアトルネード
 
 ソードを上段に、シールドを胸の前に構えて攻撃態勢をとり、キーワードを叫びながらソードを振り下ろして刃先を目標に向ける。すると水の塊が渦を巻きながら蛇のように目標へ向かってのびていき、目標を包み込んで粉砕する。


 光の戦士 エンジェルイエロー

GR-07.png
 
 城野美由紀が変身した姿。三人の中では一番身軽で、バトンとダンスでならした体の動きを使った技が得意。エンジェルブルー同様、空中からの回転キックは強力な武器である。

 武器・必殺技
 エンジェルイエローの武器は二本のバトン。片方は電気のプラスの役割を、もう片方がマイナスの役割を持ち、クロスさせてキーワードを唱えて空にかざすと、稲妻の閃光を放つ。ストーリー後半からエンジェルイエローは、多彩な武器を持つようになった。それらは各ストーリーの中でそれぞれ公開されているが、2本のバトンを組み合わせた弓と、ブーメランが代表的である。

 ライトニングスマッシュ

 エンジェルイエローの武器は光に関係がある。他の戦士同様、両手をブローチにあてがい、エネルギーを溜めてボール状のエネルギー波を形成し、腕を目標目がけてエネルギー波を放つ。また、バトンをクロスさせて空にかざし、目標に向かって振り下ろすと、光が球電となって高速で飛び、命中すると目標物が閃光に包まれて消滅してしまう。

 ライトニングストーム

 バトンをクロスさせたまま直接敵の身体に触れるか、または突き刺し、体内に強力なエネルギー波を送り込んで粉砕する。

 ライトニングトルネード
 
 バトンをクロスさせて空にかざし、目標に向けて振り下ろすと、稲妻の閃光が放電され、目標物を包み込んで粉砕する。


 エンジェルスの必殺技

 エンジェルスの戦士には、前述した武器の他に『最終兵器』ともいえる必殺技がある。レッドが炎・ブルーが水・イエローが光といったように、それぞれの要素に関係したもので、自らの身体をそれぞれの物質(絵里香は炎・聖奈子は水・美由紀は光)に変換させることにより、敵を倒す究極の兵器である。だが、この兵器はいわゆる両刃の剣で、使用すると使用した者自身の生命に危険が及ぶため、最初のうちは美紀子によって封印されていた。というのは、この武器を使うときは、エンジェルパワーの全エネルギーを使い、肉体と精神に過大な負担がかかるため、身体がその武器の使用に耐えられないときは、体内にエネルギーが逆流して、自爆してしまうからなのである。しかし、ネオ-ブラックリリーの魔人が強力化し、通常の攻撃で歯が立たないという事態に陥って、美紀子は絵里香達に対し、必殺技の封印を解いたのである。そのときに美紀子は、絵里香達がこの必殺技を使用した時、持続時間を10分までとし、使用時には全エネルギーが放出されるようにして、3人の肉体や精神に負担がかからないようにした。
P-12.png

 そのため、この技を使うことが出来るのは、ごく限られた場合になる。持続時間が10分で、全エネルギーが放出されるため、時間が経てば自動的に変身が解除されてしまうので、その後から襲われれば自分たちが危険だからだ。しかも、この技を使用すれば、使用後は6時間変身出来なくなるのである。必殺技を使うときのキーワードは3人とも同じで、胸のブローチに両手をあてがい、『エンジェルミラクルチャージアップ』と叫ぶ。すると、ブローチが強い光を発し、身体がそれぞれの物質に包み込まれ、身体そのものが変換される。この状態においてはありとあらゆる攻撃に対して無敵で、逆に全ての防御をはねのけることが出来、触れたものは全て粉砕されてしまう。また、この技は本人の意思とは関係なく、自己防御のために自動的に覚醒することもある。


 ストーリーに関係した地域

 鷲尾平市とその周辺
P-13.png

 詳細
P-16.png

 天間村とその周辺
P-14.png

 ストーリーに出てくる地域
 鷲尾平市
 絵里香と聖奈子が住んでいる市で、人口およそ50万人の中核都市。市内を東西に二分するように新間川が流れ、緑ヶ丘公園・鷲尾平城跡公園など、自然環境に恵まれている。埼玉県川越市がモデルになっている。

 城間市
 鷲尾平市の南隣にある、人口およそ20万の中核工業都市。美由紀はこの城間市の出身。埼玉県狭山市がモデル。

 神代市
 鷲尾平市の西隣にある。人口およそ6万8千で、農業が盛ん。日高市がモデル。

 小山田町
 鷲尾平東部に隣接する町で、人口3万。菖蒲町がモデル。

 新間町
 鷲尾平市北隣にある街で、人口約2万。観光の名所が多数ある。水神ダム・霧ヶ瀬渓谷はこの町にあり、烏帽子山は町のシンボル。東松山・寄居・越生その他周辺の市町村をモデルにしている。
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント